株式会社マルク
経営理念 会社紹介 事業内容 技術&設備 問い合わせ
事業内容


鉄ステンレスといった素材に命を吹き込み、一枚の金属板を形あるものに。
精密板金加工はマルクの仕事のすべてです。
しかしそのすべては、数限りない試行錯誤、実験、試作、工程の練り直しの中から生まれ、30年におよび蓄積されてきた知識、経験、ノウハウ、技術の結実なのです。コンピュータ・プログラミングによる一貫した稼動システム、ぜい肉をそぎ落としたムダ・ムリ・ムラのない生産ライン、そしてなにより鍛錬された技術者の手腕。多様多種なクライアントニーズに応えるべく、マルクは最新の機械設備とともに対応力の高い機能的な技術体制を構築しています。



素材
マテリアルは、鉄、ステンレススティール、アルミ、銅などの
一枚金属板。その板厚は、0.1mm〜12mmにまで及びます。
素材の切断
ここで、加工しやすく、しかも効率のいい大きさに金属板を
カットします。
切断(タレット)
タレットパンチプレスは、金型を用い、最高20tの圧力によって金属板を切り抜く工法です。丸、半丸、長丸、角、三角、長角を筆頭に、形状に合わせた特殊なものまで、金型の種類、サイズは数えあげればきりがありません。0.5mm〜3.2mm厚の鉄板、2mm厚までのステンレスに対応し、直線に強く、一枚あたりのランニングタイムが短いため、大量生産に向いています。
切断(三次元)
三次元レーザーカッテイングは、その名のとおり立体に対して切断・穿孔を行います。板厚、材質に合わせて綿密にセッティングされたプログラムと、独自のノウハウによって、従来不可能とされた後加工としての切断・穿孔を実現します。この工程では、すでに成型された加工品が対象となることがほとんどです。
切断(レーザー)
切断・穿孔には、三種類のオプションがあります。レーザーカッティングは、最高2kwの出力で炭酸ガスレーザを照射、素材の厚・切断の形状を選ばない対応力の高さが特長です。曲線に強く、複雑なカッティングもコンピュータ制御のプログラムによって最効率で実行します。特殊な形状の切断・穿孔を要する少量多品種の生産に向いています。
研磨
バリ取りなど切断面を処理する研磨加工は、切断・穿孔
工程の仕上げとして欠かせません。この作業は機械に
頼ることなく、長年の知識と経験によって培われた技術者
のテクニックに多くを負っています。
折曲
曲げ加工には、〜80t、〜50tのブレーキプレスを使用します。
多様な曲げ角度に対応するアイテムを駆使し、180度までの任意のRをつくり出します。
加工品の素材、板厚、サイズ、形状、曲げ加工の回数、溶接などの後加工の有無によって、
その作業は千差万別、ここでも柔軟な技術者のセンスが問われます。
溶接
溶接工程では、加工品の性格によって三種類の工法が使い分けられています。電熱を応用し点で素材をつなぎ合わせるスポット溶接(スタッド)、溶接面に肉盛りして強度を高める炭酸ガス溶接、溶接される素材同士を溶かし合わせ、美しく仕上がるアルゴンガス溶接の三つです。
溶接(スポット)
溶接工程では、加工品の性格によって三種類の工法が使い分けられています。電熱を応用し点で素材をつなぎ合わせるスポット溶接(スタッド)、溶接面に肉盛りして強度を高める炭酸ガス溶接、溶接される素材同士を溶かし合わせ、美しく仕上がるアルゴンガス溶接の三つです。
仕上げ
溶接面をきれいに仕上げ、加工品の完成です。
熟練された技と力によってのみ、精巧で美しい仕上がりが
得られます。
後工程
加工品はそれぞれのニーズに合わせ、後工程として、
バフ仕上げやメッキ、塗装などの表面処理が施されます。
ページトップへ戻る
Copyright(C)2008 MARUKU CORPORATION. ALL Rights Reserved. ホームへ戻る 個人情報保護について